×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

来訪者の多い場所


[Return Index]

叩きつけるように降り注ぐ、雨。
「随分と唐突に振り出したものねぇ」
呟き、窓の外のグレーの空を見上げる。
この降り方だと、未だ暫くはここに滞在しなければならないようだ。

兎角、時間がない。
こうしている間にも、国崎往人が生命の危機に晒されている可能性もあるのだ。
残りは25人を切った。いままで協力態勢をとっていた者たちでも、
ここまで人数が減れば、もしかしたら全員殺す気になるかもしれない。
――放送の直前か、直後に聞こえた耳を劈くような轟音だってそう。
それは誰かが、まだやる気なのを暗示するものなのかもしれない。

そう考えると、この小屋にも長時間滞在するわけにはいかない。
参加者のひとり、北川潤に場所を知られているからだ。
彼が裏切る気になるとは、そう想像できる事ではないが、可能性は全くのゼロではないし、
本人にその気がなかったとしても、もし他人にこの場所の事を話したりしたときに、
その相手がやる気になっていたとしたら……

「……早くやんでくれないかなぁ、この雨」
溜め息混じりに、スフィーが呟く。
そう。雨が降り止まないと、この場所からは動けない。
降り注ぐ雨は視界を奪い、
響き渡る雨音は聴覚を奪うからだ。
迂闊に動き回れば、それだけ狙われやすくもなる。
いまはただ、時間が過ぎるのを待つしか無い。
ふと、窓の外にもう一度目をやる。
窓に叩きつける雨、その水滴によってぼやけた風景の中。
並べられた、3つの十字架。
……木の枝を折って、ロープで結び付けただけの乱雑な十字架。
それを見て……思う。

……彼らは、満足だったろうか?
精一杯生きて、満足な死を迎えられたと言えるだろうか?
それは、否、だろう。
突然こんな所に連れて来られて、殺し合いさせられて……満足なわけが無い。
だけど……それなのに。
どうしてあの3人は、あんなに安らかな顔で……眠りについたのか。
ホントは、死にたくなんて無かった筈なのに。
それでも、あの3人は、笑って、逝った。
『死にたくない』と言う自分の気持ち、恐怖、全部押し殺して、それでも笑った。

「安心して。あなたたちの気持ち、願い、心……全部、わたしたちが全部……受け継ぐから」
それは、嘘。
ひとの想いをまるまる抱えきれるほど、強い人間なんていない。
だけど、出来る範囲でなら。
自分が頑張って、頑張って、もう限界って言うところまでは、やってみせるから。
……だから、このぐらいの嘘は、許して欲しい。
「芹香……」
気がつくとスフィーが、わたしを見上げていた。
改めてひとの死を認識した事で、心細さとか、そう言った感情が再び沸きあがってきたのだろう。
不安げに、服の端を掴んでいる。
そんな彼女の頭を優しく撫で、わたしは言った。
「まだまだ……これからなんだから。頑張りましょう、3人のぶんも……ね」
そう。一足先にここを発っていった北川潤の、ように。
わたしたちも……強くあろう。
スフィーもそれに、笑顔で、答えた。
「うん!」と、元気いっぱいに。

と。
突然。
ずしん、と言う、微かな重低音と、僅かな揺れ。
「……地震?」
スフィーが、再び顔を曇らせる。
地震。いや、それにしては……揺れが短すぎる。
これは何かが倒れたとか、落ちたとか、そう言う系統の振動だ。
それも……重いものが。
冷や汗がひとすじ、頬を伝う。
参加者同士の戦闘?
それとも何かのアクシデント?
理由は分からない。だが、自然に起こったものとは……そうそう思えない。
そして、それは、この耳で聞こえる位置……そう遠くない位置。
つまり、居るのだ。参加者が、そう遠くない場所に。
……どうする?
ここに留まるのは、危険なのではないか?リスクを負っても、移動すべきではないか?
(全く、この辺りは本当に……来訪者の多い場所ね)
芹香は、皮肉っぽく笑った。

【残り 22人】

[←Before Page] [Next Page→]