×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

それぞれの勇み足


[Return Index]

 くくく……。
 こんなチャンスはもう二度とないかもしれぬ。
 たった一人の雌。
 彰の心に力を送る。刺激するのは性欲。
 「象徴の」――雨は止んだ。代わりに彰の心には『無』が広がる。
決して雨が止んだからといって、晴れるとは限らないのだ。
 記憶改竄なんぞでちまちまやっている必要は無い。ここが力の使い時だ……。
 残りの力のほとんどを使った。
 一度目の失敗の反省を糧としない、本能剥き出しの鬼がここにいる。
 そして眠りについた。起きたときには状況が好転していることを信じて。
――これは心の鬼の勇み足――


 意志無き表情の彰が一歩を踏み出した。
 その時。
 カッッッッッ!!!!!!
 天空で光が爆ぜた。
 ほんの一瞬。他のことに気を取られていれば気づかないほどの一瞬。
「うわっっ!!」
 だが確かな閃光が島を包んだ。
「なんだ!?」
 彰は空に視線を移す。
 同時に『意志ある声』を発した。
 雲が吹き飛び、空が一面青に塗り変わっていた。
 一体何が起きたというのか。
 しばし呆然とそれを見つめ。再び地上に視線を戻した。
 やはり空を見上げて呆然とする鹿沼葉子。
「葉子さん!!」
――これは彰の勇み足。ではない――


 閃光。
 その前の力の流れ。
 一体なにが起きているというのだろう。
 しばしその場に立ち尽くす。
「葉子さん!!」
 ハッとしたように彰の方へと向き直る。
 彼は……。
 そう、小さな女の子と一緒にいた男だ。と彼女は気づく。
「こんな所で一人でなにやってるのさ。怪我は?
 えっと、そう言えば僕と初音ちゃんを助けてくれたお礼がまだだったね。
 ありがとう」
「手当てなり、なんなりをしてくれた人の仲間なんでしょ?
 こっちもお礼を言うわ。ありがとう」
 お礼を兼ねた自己紹介。
 言葉が少なくても伝えたいことは伝わる。
「なんで一人でいるんだい? なにしてるのさ。それに武器は?」
 なにをしようとしていたんだっけ?
 なんで武器も持たずに駆け出したんだろう?
 葉子は少年のことを思い出した。あの時彼がやる気だったら……。
 ずいぶん軽はずみな行動をとっていたものだ。今の自分に一体なにができるというのだ。
――これは葉子の勇み足――


「なるほど、それで居ても立ってもいられなくなって、黙って飛び出してきたわけだ」
 彰は渋い表情。
 考えてみれば、彼も軽はずみに外に飛び出した口なのだ。
「さて、ここで愚図っていても始まらない。一旦皆のところに戻るとしようか」
「はい」
 彰は自分の心に住まう鬼を覚えていない。
 記憶や映像の改竄も気づいていない。
 そう。『皆のところに戻る』
 これこそが。
――これは彰の勇み足――

[←Before Page] [Next Page→]