×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

それぞれの目的へ


[Return Index]

「本当に別々に行動するの?」

あの後スフィーちゃんと芹香さんは別々に行動すると言い出しました。

「私の方はこの人にどうしても用があるからね。」
「何の用かは知らないが、とりあえず歩きながら話してくれ。俺は今すぐ出発したいんだ。」
「それは私も同感、じっとしてるなんて性に会わないわ。まずはどっちを探す気?」
「最初は観鈴、その後に晴子だ。」
「じゃあね。二人見つけたら合流するから。」
そう言うとさっさと二人は出発していった。

「俺は今から診療所に向うよ。その後はCDによるな。」
「私はお墓参りして、CDの中身見たら往人さんが見た夢が気になるから西に行くと思う。」
「何でCDに興味持ってるんだ?信じてなかったのに。」
「機会があれば話すわ、さっさと出発しましょう。 また合いましょうね。」
「ちょっと待てって、じゃあまた診療所で会おう。」
こっちもやけにあっさり出発していった。腰を引き気味の北川が少し情けない。

そしてまた晴香と二人っきりになってしまった。
「じゃあ私達も出発しますか。」
「今度こそ寄り道せずに潜水艦を見つけましょうね。」

彼らはそれぞれ目的のため分かれた。
大切な人を捜すため、脱出の鍵をCDにかけ、自分の勘を確めるため、亡き人の言葉を信じて。
彼らがまた再会することができるかどうかは分からない。
ただこの島の象徴たる雨は止み、雲は晴れたことだけは確かであった。


【往人 人物探知機入手】
【七瀬 志保ちゃんレーダー入手】
【往人・芹香   観鈴を探しに出発】
【北川・スフィー 墓参りをした後診療所へ】
【七瀬・晴香   潜水艦探索続行】
【芹香 スフィーより参加者名簿を譲ってもらう。】
【芹香の武器は次の書き手次第です】

[←Before Page] [Next Page→]