×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

綱の上の踊り手


[Return Index]

例えば、怒りに我を失いながら、悲しみに涙を流す。
 相反する二つの感情の、両方を激しく行き来する。

例えば、憎しみに身を焼きながら、愛しさに心を震わせる。
 あなたは、そんな境遇に陥った事があるだろうか?

  …いっそ落ちてしまえば、却って楽なのだと思う。
   どちらかに決める事さえできれば、悩む必要などないのだから。



かすかに目を開く。
何かに顔を押し付けているのは、うつ伏せに寝転んでいるせいだ。
「くぁ……」
くるりと仰向けになり、目を開くと同時に大きくあくびをして、ぐっと伸びをする。
見上げる空の晴れやかさと、記憶に残っている雷雨との落差に、少なからず途惑ってみる。

私は、あの観鈴とかいう子に怒りをぶつけて、彼女を放り投げたあと、振り向きもせず去ったはずだった。
それから何があったのか、ちょっと整理してみる。
脚の痛みも感じなくなって、彼を探すために森の中へと入って…

「かみなり、だよ」
「わっ!」
突然目の前に被さるように現れた顔に、心臓が止まりそうなくらい驚いた。
一方的に、しかも乱暴な別れを告げたはずの観鈴が、そこに居た。
「あっ、あんたっ!どっから出てきたのよ!」
「にはは、ずっとここにいた」
疑問と共に、びしっと指した指を間抜けにおろしながら、冷静に状況を確認すると、どうやら気を失ったまま、
観鈴に膝枕されていたようだった。
濡れた木々の間を駆け抜ける風が、涼しくて気持ち良い。

いつまでも膝枕をされていては、言いたいことも言えないので、無理矢理体を起こす。
再び脚の感覚が戻ってきており、痛みに顔をしかめながら聞いてみる。
「…雷って、何がよ?」
「どうして倒れたのか、知りたいみたいだったから」
そう言って彼女は、傍らに倒れている巨木を指差す。
ぷすぷすと燻るそれは、落雷で倒れたものなのだろう、見ると鞄が枝に引っかかったままだ。

「倒れてきた木の、枝にぶつかって一緒に倒れたんだよ。
 ほっといたら一緒に焦げちゃいそうだったから、観鈴ちん頑張って引っぱったよ」
「そっか…助けてくれて、ありがと」
あんなにも怒っていたのが、馬鹿みたいに思えてくる。
もちろん、彼女たちに出会った頃から、今の惨劇が始まったと言ってもいい。
だが彼女のせいではないのも、解っている。


…どうして私は、あんなに怒ったのだろう?
思考を巡らせて、過去の情報を吟味してみる。
すると、変わり果てた天気のせいか随分と昔のように思える、少年の言葉を思い出した。

 『君たちは姫君とつながっている。姫君の分身が君たちの中にある』
 『姫君の意識はいずれ君の我を飲み込むだろう』

…そう、”姫君”と彼が呼んだ存在。
私はその声を聞いていた。

 『――脆いものよの』

あの声の主が、私を喰わんとする”姫君”なのだ。
相反する自意識に押し潰されていた、私の心の間隙を縫うように、彼女は現れたということだ。
いま正気を保っているのは、たまたま事故に遭ったショックか何かなのだろう。
それがラッキーだったかどうかは…解らないけれど。

毒気の抜けた意識が、自然と肩の力を抜けさせ、私は軽く鼻から息を吐いた。
ふと手を見ると、爪の間に違和感があり、全ての指先が赤く染まっている。
「なんだろ、これ」
「…な、なんでもないよ!」
慌てて観鈴が、自分の腰のあたりに手を当てた。

あまりに不自然な仕草に、ちょっと腹を立てて追求する。
「なんでもないって、どうしてあなたが解るのよ?」
無理矢理捕まえて、隠した彼女の背中側を、こちらへ向ける。

 -----血だらけだった。

…つまり気を失って、うなされている間に、私がやったのだ。
おそらく彼女の膝に顔を埋めたまま、腰に手を回して力の限り引っかいたのだ。
「あなた…ば、馬鹿じゃないの?
 そんなだから、へちょいって言うのよ」
「が、がお…。
 だって、苦しそうだったから…」
じゃあ、あなたは苦しくないの?…と言おうとしてやめる。聞くだけ無駄だ。
この子は、そういう定規の持ち合わせが全く無い、稀有な存在なのだろう。

「光がね」
気恥ずかしい感謝の気持ちと、呆れた脱力感が私を無口にしていたが、かわりに観鈴が話し始めた。
「…光?」
「うん、ぱあって光が広がって。
 雨も土砂降りだったのが、綺麗に晴れたよ。
 それからずっと、気持ち良さそうに寝てた」
「…そう…か」

どうやら、偶然では無かった。
私のあずかり知らぬところで、何かが”姫君”を押し戻したのだろう。
少年という”姫君”の勢力があるように、それに敵対する何かが存在するのだろう。
しかし、それは私にとって好都合とばかりは言えない。
何故なら私は、彼に約束したからだ。

 『あなたを助けるわ。それができないなら。あなたを殺してあげる』
 『そうだね。君ならそう言うだろうと、思っていた。強いよ、確かに君は』

彼を、助けなければならない。
自分を見失うことなく、失われた彼を救い出す。
限りなく絶望的な目標を達成するために、私は立ち上がる。
「私、行くわ」
「え……」
思考に付いてこれない観鈴は、理解が及ばないようだ。

 だから私は手をさしのべる。
 それが精一杯の、感謝の気持ち。

 「あなたも、一緒に来るでしょう?」
 「にはは、ふぁいと、だねっ」



殺意の巨大な影と、希望の狭い光の小道の間。
 私は、境界線上を、危うい足取りで歩いている。

それは、命綱の無い綱渡り。
私は激しく冷や汗をかきながら、踊り、笑う。

 私の消える、その日まで。


【神尾観鈴 天沢郁未 改めて同行】

[←Before Page] [Next Page→]