×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

間が悪い耕一


[Return Index]

「……えちゃ〜〜ん」
 彰と葉子の耳が同時に声を拾った。
 静寂な森の中にこだまする、少女の声。
「……にいちゃ〜〜ん! 葉子おねえちゃ〜〜ん!」

「彰おにいちゃ〜〜ん! 葉子おねえちゃ〜〜ん!」
 耕一の後ろから初音が叫ぶ。
 考えてみれば、葉子が知っているであろう人物は初音だけなのだ。そして声を知っているのも。
 敵がどこに潜んでいるかも分からないこの島で、声をあげて探すのはかなりのリスクを伴う。
 しかしまぁ、これしか方法がないのだからしょうがない。
 メイド姿の女装マッチョ。しかも面識無しの前にあらわれるほど、阿呆な女の子ではないだろうから。
 うさぎちゃんではなく、狼さんが現れたときのために耕一は辺りを警戒する。
 手にはベレッタ。残してきた武器は丁寧に隠したから、万が一小屋に侵入者がいても大丈夫だろう。
(PCとかも隠しとくべきだったかな?)
 まぁ葉子(とうまくいったら彰も)を見つけたらすぐに戻るつもりだ。そんなに時間もかから……。
「ぜんっぜん見つからないわね…」
 マナの冷静な一言。
「あはは……」
「笑っても駄目」
「うう……」
「泣いても駄目!」
「むきーーー!!」
「怒っても駄目!!」
 マナちゃんは冷たい。

 雨で消えかけていた、足跡『っぽい』ものを追跡。
 考えてみればちょっと不確実?
 あ、あと恋する乙女の勘!
「だいたいなんであの時、あんな提案しちゃったのかしら…。私……。
 考えてみれば全員であの小屋空けるのは致命的な気が……」
「マナちゃん……。ほらほら! もっと元気だそうよ。
 大丈夫。きっともうすぐ見つかるよ!
 耕一お兄ちゃんも元気出して〜」
 初音が二人を元気づける。ずーっと声を出しっぱなしでつらいだろうに。
「うう……。初音ちゃん。いい子だ〜。がんばり屋さんめ〜」
 初音を抱きしめ、ほお擦り。
「あはは、耕一お兄ちゃんおひげが痛いよ〜」
 再会はそこで訪れた。


(やったーばんざーい、あきらくんとようこさんだ〜)
 耕一くんの頭の中はひらがなです。
「……。余計な心配をおかけしました…」
 とは葉子さん。
(……。余計だと思っていた心配は見事に的中しました…)
 とは彰くん。
 沈黙。
 沈黙。
 沈黙。
「あ……彰お兄ちゃん。葉子お姉ちゃん。お…おかえりなさい!」
 初音ちゃんは耕一くんの腕の中から声をあげます。
 ただ、彰くんの目が怖いです。
 初音ちゃんは硬直する耕一くんの腕をすり抜け、彰くんに飛びつきました。
 それでも、彰くんの目は怖いです。
「とりあえず、小屋に戻ってから話さない?
 あんたたちもその様子だと、帰るつもりだったんでしょ?」
 マナちゃんの提案。
「そうですね…。軽率な行動であなた達まで危険にさらしてしまったみたいです…。
 すいません…」
 耕一くんを先頭に、一同は小屋に戻ります。
 でも、初音ちゃんの手を握りながらも、彰くんの耕一くんを見る目は…。
 まじ怖いです。


【一同。小屋へと戻ります】

[←Before Page] [Next Page→]