×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まだ見ぬ敵


[Return Index]

 彰は外を見ていた。
 窓から外を見ていた。
 しかしそれは見張りとは名ばかり。
 初音のことをボーっと考えていた。
(初音ちゃん…。愛してるよ……)
 この思いは大きくなっていく一方。
 独占したい。誰にも触らせたくない。自分のことだけ見ていて欲しい。
 彼もまた、普通の男だった。

「…!! 耕一さん!」
 彰の目に飛び込んできた『映像』。
 武器をもった誰かが、森の中にいるのが見えた。
「どうした!? 彰君!」
「誰かが森の奥に! 武器も持っていたように見えました!」
 一同に緊張が走った。
 彰が武器の隠し場所に走る。
「北川君といったね。俺と彰君で様子を見てくる。
 もしかしたら怯えている人かもしれないからね」
「もしものためにこっちにも男手を…。
 信用してくれているのかい?」
 北川は言った。もちろん裏切る気など毛頭無かった。
「裏切る気が大きいようには見えない。
 そして裏切る気が少しある程度なら、女の子を手にかけたりはしないだろ」
 耕一が微笑んだ。
 北川もそれに答える。
「まかせときな! リーダー!」
 女の子達は…。
「あなたに守られなくても自分で身ぐらい守れるわ」
「魔法使いをなめないでよ。逆に守ってあげるわよ」
「私も…。戦えますから…」
「耕一お兄ちゃん…。気をつけてね…」
 北川はこけた。

「あそこの辺りです…」
 彰が森の奥を指差す。
 小屋から見えるぎりぎりの位置だろうか。
 二人はそこへ向かってゆっくりと近づいていく。
「おい! 誰かいるのか! こっちから戦う意志はない!
 島の脱出を考えている! 信用して協力してくれ!」
 耕一が声をあげる。
 返事は無い。
「あそこ! 耕一さん!」
 彰がさらに奥を指差した。
「どこだ!?」
「あの辺りに、また『見え』ました」
 耕一の目には、木の裏に隠れようとするウサギが映った。
「あの木の裏です」
(ウサギの隠れたあの木か…)
 遮蔽物を利用しながら、徐々に徐々にと近づいていく。
 ここから小屋は遠い。まわりこまれたら小屋に侵入されていしまうかもしれない。
(北川君。その時は頼むぞ…)
 耕一はその可能性は頭のすみに追いやり、目の前のまだ見ぬ敵に意識を集中した。
(相手はどういうつもりなんだ?)
 彰も頭を働かせる。二対一なのは相手も気づいているだろう。
 だがこっちの呼びかけに反応しない。投降が最善と思えるのに。
(よっぽど強力な銃器でも持っているのだろうか?)
 少々不安になるが、耕一が勇敢な戦士であることは分かっている。
 そして二対一だ。

「少し先行する。周りに気をやっておいてくれ」
 耕一が彰の先に出る。
 彰は周りを警戒。
「おい! 誰かいるのか! こっちから戦う意志はない!
 島の脱出を考えている! 信用して協力してくれ!」
 また返事が無い。
『あるはずがないのだ』


 記憶をまるまる捏造するには大量の力がいる。
 なら少しだけ改竄してやれば良いのだ。
――「うう……。初音ちゃん。いい子だ〜。がんばり屋さんめ〜」――
―― 初音を抱きしめ、ほお擦り。そして無理やり唇を奪った。――
――「耕一お兄ちゃん! 私には彰お兄ちゃんがいるのに!!」――
―― 再会はそこで訪れた。――

[←Before Page] [Next Page→]