×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夕べの祈り 序曲


[Return Index]

 予感は静かな確信へと。
 青く輝く石が、初音の意識にある存在の接近を知らせる。
 言葉やイメージではなく、それはただの感覚。
 それでも確かな感覚。

 ――『鬼』が来る――
 ――人の中に、静かに確かに潜んでいる――
 ――攻撃本能剥き出しの、『鬼』が来る――

 参加者の中でも鬼の血を引いている者は僅か。
 初音の知りうる限り、全員『鬼』は制御できているはずだった。
 ということは、この悪の『鬼』はあの人しかいない。
 消えようとしていた命の灯火を、自分のエゴで引き延ばしてしまった。
 その罪が罰となり遂に自分の身に帰ってきたことを、初音は認めざるをえなかった。
 そして、あの時固めた一つの近い。
 もしもの時は、自分の手で愛する人を殺す。そして自分も。
 予測できてたことなのだ。今、その時がやってきただけなのだ。
 運命に抗おうとする意志を、今の初音は持ち合わせていなかった。

 精算しよう。
「皆、これから話すこと、真剣に聞いてくれる?」
 ここにいる皆に示す確証は何もない。あるのは真摯な決意だけ。
「実は――」
 お願い、どうか信じて……。

「初音ちゃん!」
 ドアを開けて彰が叫ぶ。
 室内には初音しかいなかったが、彰には構うことではなかった。
 初音しか、彼の目には映らないのだから。
「早くここから逃げよう!
 敵は今、耕一さんが足留めしてる。
 彼ならきっと大丈夫だから早く安全なところへ!
 あの男はただ者じゃない!」
 早口でまくし上げる。
 初音の反応は、ない。
 ただ冷ややかな目で、彰を見つめるだけ。
「初音ちゃん?」
「その血は……」
 冷たく通る、澄んだ声で、初音は喋った。
「耕一お兄ちゃんの返り血?
 彰お兄ちゃん、怪我してないもんね?」
「あ、あぁ、最初は二人で戦ってたんだけど、耕一さんが……」
「それだけの怪我だったら、耕一お兄ちゃん無事じゃすまないよね?
 その敵が彰お兄ちゃんを追ってきてるなら、今頃追い付いてるはずだよね?」
「初音ちゃん?」
「もう、終わりにしようよ……彰おにいちゃぁん……。
 耕一お兄ちゃんを殺したの?」

 朝に響く、鳥の初音のように。
 哀しい意味を持った言葉が、小屋の中に響いた。

「あれはっ、耕一の奴が悪いんだ!
 初音ちゃんを奪おうとしたからっ、だからっ!
 初音ちゃんは僕のものだろ?
 僕は初音ちゃんを愛しているし、初音ちゃんもそうだろうっ!?」
「彰お兄ちゃん、自分が何を言ってるかわからないのっ!?
 本当にもう狂っちゃってるんだね!? 戻れないんだね!?
 鬼の血なんてあげなければよかったよ……それでもお兄ちゃんが好きだったからっ!!」
 右手を上げる、銃を構える。
「死んで欲しくなかったんだよぉっ!!」
 発砲。銃弾は、彰の右腕を貫いた。

 彰から見えない位置で銃を構えながら、マナは思う。
 どうしてこの島には、こんなに悲しい想いばかりなのだろうかと。
 初音から彰はきっと狂っている、その原因は私にあると聞かされた。
 そして、それを償うためにも、自分の手で彰を殺してその後を追うと。
 とても嘘をついているようには思えなかった。
 初音の決意と想いが伝わって、それはきっと真実だった。
 マナの、スフィーの、北川の制止も聞き入れることはなかった。
 聞き入れさせるのは、所詮無理な話なのだ。
 北川とスフィーはここにはいない、初音の意向でマザーコンピューターへと向かっている。
 北川は最後までしぶっていた。これ以上、誰かが死ぬのは御免なのだ。
 しかし彰がここに悪意を持って向かっているとすると、時間はない。
 人にはそれぞれの役目がある。
 彼は去り際に「後は頼む」と言い残した。
 涙をたたえて。
(残念だけど、無理みたいよ……)
 人にはそれぞれの役目がある。
 今のマナと葉子の役目は『初音がしくじった時に彰を止めること』。
 できるならば、『自殺する初音を止めること』。
 どちらにしても、死者が出る道は避けられそうにない。
 聖との約束を思い出し、自分の無力さに涙するしかなかった。
(無理そうでも。諦めはしないんだから。
 誰も死なない方法を……考えろ……考えろ……)

 実際、彰の攻撃の矛先は耕一だけだった。
 耕一を排除すれば、他の者に危害を加えるつもりは『今は』なかった。
 そんなこと、初音がわかるはずもなかった。

 彰は右腕に痛みを覚える。
 どうして、自分が撃たれるのだろう。
 自分は何か間違っていたのか。
 やはり彼女は、最初から自分のことなどどうでもよかったのか?

 理性の混乱は、鬼のつけいる隙を与えるだけ。
 初音と過ごした間の彼女の瞳は、いつも違う所を見ていた。
 再会シーン。耕一と、初音。
 偽りの記憶の洪水。
 初音よりも強い力を持った同族がいることがわかった今、鬼にとって初音の存在はどうでもよくなった。
 犯し、殺すだけの対象。
 壊せ、壊せと、鬼の意志が彰の心に潜む疑惑と偽の記憶を活性化させる。

 ――僕だけが何も知らず、道化だったということか――

「初音ちゃん、信じていたのに……。
 こんなにも君のことを想っていたのにっ!!」
 彰は銃を、初音に向けた。

 自分が狂ったという自覚もないまま、初音の想いもわからぬまま。

「彰おにいちゃん、私は、あなたを――」

 ――殺します。

 夕べにはまだ少し遠い。
 哀しい序曲は、始まったばかり。

[←Before Page] [Next Page→]