×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

導く声<前編>


[Return Index]

ガピィーーーーーーーーーガガ・ガ!!
櫓の頂上に設置された巨大なスピーカーたちが、共鳴と接続音を撒き散らす。
隣の室内では、緊張した面持ちで3人の男女が声を抑えていた。

『島内に生き残る、全ての善意ある参加者たちよ!!
 聞いているだろうか?
 俺は坂神蝉丸。
 最初に断っておくと、管理側の者ではない。
 諸君らと同じ、被害者である参加者だ』
「(・∀・)蝉丸、かっこいい…」
「ぼくにはできない演説だね」

『もはや体内の爆弾に危険は無く、我々の同志は管理側の拠点に攻め入ることさえ始めている!
 参加者同士で殺しあう愚を悟り、今こそ手を組んで立ち上がるときなのだ!
 怯え隠れる者も!
 後悔を胸に血塗れた腕を抱く者も!
 仲間と共に脱出を願う者も!
 全ての者を、俺は歓迎する!!』
「(・∀・)なんか決めた内容より、すっごく熱いね」
「この情況でのアッピールは、過剰なほど効果があるかもしれないね」

『繰り返す!
 俺は全ての者を歓迎する!
 今こそ我々は手を組んで立ち上がるべきなのだ!!
 我が意に賛同する者は、学校に集って欲しい。
 そして我らが希望に反する者どもよ、決着をつけようじゃないか!!
 現在俺と志を共にする仲間は…』
「(・∀・)…そう言えば、敵も来るかもしれないんだね」
「君は……気付いて、なかったのかい…?」

『学校は、市街地南部に広がる山の東側にある!
 街から山を見て、その左だ。
 繰り返す……』


一気にまくしたてて、さすがに息を乱した蝉丸が振り向く。
『…ふう』
『(・∀・)せみまるっ!』
離れていた月代が駆け寄り、少年がその後を追う。
『(・∀・)お疲れさまっ!』
『もう一言、魔法使いの件もお願いできるかな』
『ん?…ああ、済まん、そうだったな』
やはり自分の意志から出た物でない情報は、忘れがちなのだろう。
蝉丸は苦笑して、改めてマイクに向き直る。
『(む…電源を入れたままであったか…)
 あー…追加の情報だ。
 集合にあたって現状の打破のため、諸君にお願いがある。
 恐らく既に知らぬものはいないだろうが、我々の中には多くの異能者が存在する。
 中でも現在求められているのは”魔法使い”だ!
 心当たりのある者は、是非とも名乗り出て欲しい。
 その知識と、能力に期待する!』

蝉丸は今度こそ全てを語り終え、電源を切った。
これで当初の目的は達成されたということだ。

「では早速、移動するとしよう」
「そうだね。
 ”敵”が音源を聞きつけて、ここに来る可能性も無視できないからね」
真っ先に少年が外へ向かう。
(…お別れの時間くらいは、残しておくよ)

 少年の顔は、いつものように笑っていたのだろうか。
 それは、誰も知らないことだ。

 少年自身にすら、解らなかった。



月代が蝉丸を見上げ、その袖口を掴んだまま、ぽつりと呟く。
「(・∀・)…蝉丸……」
「月代、そんな声を出すんじゃない。
 初音君やマナ君をはじめとして、他の皆と思えば俺たちはよほど幸運だろう?
 その幸運を、全ての参加者に分け与えるつもりで、俺はここに来たんだ」
いつになく多弁な蝉丸。
演説気分が残っているのかもしれない、そう思うと口元が緩んでくる。
それがなんだか照れ臭くて、月代は下を向き、こくりと頷く。
「(・∀・)…うん」

「大丈夫、すぐに会える」
「(・∀・)…うん」
照れ臭いだけのはずなのに。
何故だか涙が出そうになる。

「心配、するな」
「(・∀・)…うん」
「皆で帰るために、俺はこうしている。
 もちろん、俺とお前も、一緒に帰るんだ。
 …そうだろう、月代?」
「(・∀・)…うん」
蝉丸の言うことは間違っていない。
それでも涙が止まらなくって。
月代は、思わず蝉丸に抱きついていた。

「(・∀・)蝉丸……学校で、会おうね」
「ああ、学校でな…」


【坂神蝉丸 学校へ】
【三井寺月代 少年 療養所へ】

[←Before Page] [Next Page→]