×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そして二人は再会した


[Return Index]

 少年に促され、ゆっくりとベネリの銃口が往人のほうを向く。
 うつろに冴え渡る瞳とは対照的に、郁未の手元は定まらない。
 拮抗しているのだろう。理性と感情とが。

 しかしそれも時間の問題だと少年は踏んだ。時が経てば経つほど侵食は進む。
 何より迷いは心を弱らせる。一時的にせよ。
「もう思い悩む必要はない。辛い思いをすることはないんだ」
 どこまでも穏やかに、少年は語りかける。
「さあ郁未。共に行こう――」

「……郁…未さ……ん!」

 彼方より、突如聞こえてきたその声に。
 びくり、と郁未の体が震える。

「……郁未……さ……ん!」

 声はわずかに近づき。そして震えが体全体に伝わっていく。

「……郁……未…さん!」

 そう。その声は、突き刺さるような優しい記憶のかけら。
 その痛みに、郁未の意識は激しく揺れた。

「……なんとまあ、困ったね。神尾観鈴……か」
 少年は声の主を思う。観鈴はここに来るだろう。だが、今の郁未に観鈴はまだ殺せまい。
 そして観鈴がいては郁未に悪影響を及ぼす。
「郁未を困らせるいけない子には、とりあえず消えてもらおうか」
 呟くと、足元の往人を一瞥しえぐり込むようにその右肩を踏みつける。
 ゴキリと音がして、往人の右肩が外れた。
「ぐあっ……」
 往人の呻き声。
 少年は往人の上から降りると階段の方へ歩き出そうとする。


(ぐ……観鈴、だと)
 往人は激しい痛みの中、紙一重で意識を保っていた。
 少年は観鈴と言った。
 目の前で銃を突きつけている女――郁未は、観鈴らしき声が聞こえ出してから様子がおかしい。
 そして少年の行動。消えてもらおうか。その一文がリフレインする。
(あの馬鹿……なんでわざわざこんなところに来るんだ)
 護りたかった者は次々に消えていった。だからせめて、観鈴だけは。
(殺させるわけには、いかない……)
 そして同時に、これは最初で最後のチャンス。
 少年に不意打ちを食らったとき、銃を最後まで離さずにいられた。だから仕込みができた。
 何度も意識を失いそうになりつつ、耐えた。だからまだそれは生きている。
 郁未を見る。心ここにあらずといった様子だ。今ならわずかな隙をつけるだろう。
 少年を見る。そして彼の持つアサルトライフルに、念を集中する。
 法術、それはほんのわずかな力に過ぎない。だが……ただ引き金を引くだけなら、それで充分。
(さあ……楽しい人形劇のはじまり、だ)

 唐突に、少年のライフルが勝手に発砲した。
「な……これはっ!?」
 立て続けにもう一度、発砲。
 片手で、しかも不意を突かれては、発射の反動に耐えるべくも無い。
 二度の反動で少年の上半身は回転し、大きくよろけた。
 同時に往人が、全身の力を振り絞って跳ね起きる。
「うおおおおおおおおおっ!!」
 叫ぶ。そうしなければ、動くこともできなかっただろうから。
 往人はすぐさま腰の後ろから弾切れのデザートイーグルを抜き放つと、少年に躍りかかる。
 少年の体勢は崩れたまま。
 立て直す暇を与えず、往人は1.8キロの銃床をその頭部に叩き込む――
 ――その途端、一発の銃声が横から聞こえ、二人はまとめて吹っ飛んだ。

 銃声と叫び声に郁未の意識がはっきりしたとき、
 目に入ったのは襲い掛かられる少年だった。
 操られた意識と郁未の心は同時に同じ判断を下した。
 少年を救え、と。
 そしてとっさに発砲した。狙いもろくに定めずに。
「……」
 倒れ伏す少年に近づく。――息はある。
 散弾は少年をも巻き込んだが、偽典の守りもあってか致命傷にはなっていないようだ。
 気絶しているのは殴られたせいだろう。
 往人を見る。――こちらも、まだかろうじて生きている。
 直撃ではなかった。しかし、積もり積もった怪我はかなり深刻になっている。
 放っておけば死ぬかもしれない。
「…………」
 郁未は少年を担いで引きずり移動させ、往人のほうを見る。
 少し考えて、そしてベネリをゆっくりと――

「――郁未さん!」

 すぐ近くから呼ぶ声が聞こえ、郁未は顔をあげる。
 やがて煙の向こうから観鈴が姿をあらわして、

 そして二人は再会した。


【郁未、観鈴、少年、往人 ホール内】
【ホール内の煙幕は薄れ始めている】
【往人 重症による気絶】
【少年 軽症・脳震盪による気絶】

[←Before Page] [Next Page→]