×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

俺たちは、まだ笑える


[Return Index]

いよぅ。 俺だよ、北川だ。
みんな、あっちで元気にしているか?
俺は…散々な目に遭ってるよ。

はっきり言って、朦朧としている上に骨折しているせいか、全く余裕はない。
その上またもや、ヒゲオヤジに銃口を向けているのさ。
さっきもそうしてなかったかって? ああそうさ、デジャヴってやつだ。
…俺が、お前らと一緒に夢を見てるんじゃなければ、だけどな?
 
 
「……」
「おっさん、どうやら神様は俺を愛してらっしゃるようだぜ?」
がちゃり、と電動釘打ち機をフランクに向けながら、北川は余裕たっぷりに言い放つ。
ちょうど崩れた建物の方向へ向いているフランクの視界外、右側から狙っている状態だ。

…いや、本当は余裕なんかない。
そもそも、利き手の人差し指が折れている。だから左手一本で戦うしかない。
その上ほんのさっき、爆弾が破裂する音を聞くまで気を失っていたので、あまり頭が回らない。
「そんじゃまず、俺の銃を返してもらおうかな?
 ゆっくりと左手で銃身を持って、こっちへ投げてくれ。
 こんどはオッサンの長ーい脚も届かないから、無駄な抵抗は止めろよな」
「……」

フランクは髭の下に憮然とした表情を隠しながら、少々の余裕を持っていた。
この少年が自分を殺すような事はしないだろう、と。
特に理由はないのだが……殺気が、薄い。
だから先程も殺そうとはしなかったし、それは彼にも解っているだろう。
芹香が目覚めれば、なんとか交渉が効くかもしれない。
「……」
「ゆっくりと、頼むぜ」
フランクは観念し、左手でデザートイーグルの銃身を掴み、右手を放す。
ゆっくりと右を向くフランクに、北川が声をかける。
「さ、こっちへ投げて-----」


そのとき、声がした。
「誰かと思えば、北川かよ!」
往人、晴子、観鈴の三人が、崩れた建物の裏側から向かってくる。
その声に反応して振り向く北川。
「-----往人さ-----」
 
 ズガッ!

その顔面に、巨大な鉄塊が直撃していた。
「-----痛うっ!」
同時に、身を屈めて走るフランク。
混乱して、引き金を引く北川。
「くそっ!」

…だがもちろん、釘は発射されなかった。 
電源が、ないのだから。
 
 
先に晴子を認識したフランクが方針を変更し、あとから振り向いた北川の隙をついた。
つまり、デザートイーグルを顔面めがけて放り投げたのだ。
晴子が叫び、銃を構える。
「ほれ見い、居候!」
「勝ち誇んな!」
往人もM4カービンを構えようとして-----肩が、上がらなかった。
(…ちっ)
「……やめとけ、弾の無駄だ」
既にフランクは、建物の影に隠れ、おそらくそのまま距離を稼いでいるだろう。
下手に追えば、角を曲がったところを狙撃される。
そう考えて往人は晴子を制止し、北川達のところへ向かった。
 
 
晴子が芹香を起こし、観鈴が北川の治療をする。
心なしか北川の顔が緩んでる気もするが、多分気のせいだ。
ひとり周囲を警戒する往人は、頭の片隅でそんな事を考えていたりしていた。

特に背の高い建物は、要注意だ。
少年と違い、フランクはレーダーに映らないのだから。
(さっきは晴子の思い切りの良さ助けられたが…これは裏目に出たな)
苦々しい顔で、フランクとの縁を諦める往人。
(ま、お互い喧嘩してる余裕はねえだろうがよ……)

それでも最大の脅威は、少年に他ならない。
…ここで潰しあうのは、得策ではないだろう。

遠くを睨む往人の、険しい表情を見とめた者は、誰もいなかった。


「はい、おしまい」
「ああ…ありがとう」
観鈴が包帯を巻き終わり、ぽんと北川のおでこを叩く。
指には釘を添えて包帯を巻き、固定してある。

それを見ながらデザートイーグルを拾い、往人は少しだけ考えた。
「…晴子、お前の銃とこいつ、交換してくれ」
「あん?どないしたんや?」
「肩が上がらん。
 両手で使う銃は無理だ-----それでお前は、こっちな。
 どうせ左じゃ狙いはつかんだろうから、右手で抑えてバラ撒くことだけ考えろ」
晴子と拳銃を交換し、M4カービンを北川に渡しながら続ける。
「それと、その釘打ち機は捨てろ。
 …電池はこっちで、使っちまったんだよ」
往人はそういってレーダーを振り、ニッと笑った。
「酷いな、往人さん…もうちょっとで大逆転だったんですよ?」

悪かったな、と言いながら北川の髪をくしゃくしゃと乱暴に撫でる往人。
きょとんとした表情の観鈴。 呆れ顔の晴子。 ぼーっとしている芹香。
だが、往人と北川は笑っていた。

 二人は、笑っている。
 
 ああ、そうさ。
 俺たちは、まだ笑える。

 心の底から、笑っていられる。
 
 
【往人 片腕上がらず。 シグ・ザウエルショート、人物探知機所持】
【晴子 デザートイーグル、伸縮式警棒所持】
【観鈴 G3A3所持】
【北川 利き腕人差し指骨折。 CD1/4、CD2/4、CD無印、M4カービン所持】
【芹香 回復】


「さて、これからどうするか、だが…北川?」
「はい?」
「なんでお前、ここに居るんだよ?」
「あー…えーと…」
いつもの滑らかさを欠いた、北川の喋りにおおよその見当をつける往人。
心なしか、視線が冷たい。
「……まあ、いい。
 観鈴を”保護”しようとしてくれたのには、感謝するよ」

「だからって、ウチの観鈴に手ェ出したら容赦せえへんで」
「ちょ、ちょっとお母さん!」
…などとひと揉めあったが、再び先行きの事を相談する五人。
いや、正確には四人なのだが…
「じゃ、北川。 お前は今度こそ施設へいけ。寄り道したら、殺すぞ」
「とほほ…はいはい」

「俺たちは、あのクソガキと決着を付けなきゃならん。
 …それで、芹香。 お前はどうする?」
一人だけ輪に加わらず放心している芹香に、往人が尋ねる。
「……」
「は?」
「……」
「聞こえねえよ」
「……」
「あァん?フザけてんのか?!」
少々気の短くなっている往人が、芹香を怒鳴りつける。
「お、往人さん、ちょっと待ったあ!」
慌てて間に入る北川。

「これは…ひょっとして…」
 
 そう、ひょっとしたのだ。
 …理由は街角の吐瀉物だけが、知っている。


【芹香 反転終了】

[←Before Page] [Next Page→]