×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ココロ、ウバワレテ(前編)


[Return Index]

ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!
「しまった!気付かれたか?」
葉子の殺意を持った露骨な接近は完全に気配を消していたと思っていた往人達に、いきなりの戦闘開始の合図となった。
(だが!殺る気の奴なら容赦はしない!)
往人は右手に持っていたシグ・ザウエルショート9mmを構え、躊躇わず、引き金を引く。
 ドン!ドン!
(ちっ・・木の幹に当たっただけか・・・)
 そのまま、葉子の姿が木に隠れる。
(銃は持ってないのか・・いや、フェイクの可能性もあるな・・くそ!)
往人は舌打ちをし、敵の姿を探りながら、二人に声をかける。
「晴子!向こうが何を持っているかわからん!気をつけろ!」
「了解や!」
「よし、あの女は頼む!」
 そう言って往人はゆっくりと横に歩く。
林の中の木に隠れつつ、自分の位置から半円を描くような形でじっくりと葉子の隠れている木に接近する。
シグ・ザウエルの射程まで本当に、じっくりと。

 数十秒の後、もう少しで葉子の側面に回りこめる位置にまで、往人はいた。
(くそっ・・向こうの姿が見えないのが気になるが、さっさと済ませてあっちの女の方に行かないとな・・・)

 べネリM3と反射兵器をもった郁未と少年にもう一人敵が増えて3対3になってしまえば、いくらこちらが全員銃を持っているとはいえ、『質』の面でこちらがかなり不利になってしまう。
 この場を切り抜けるには、葉子を手早く戦闘不能にし、一刻も早く郁未と少年の足止めを頼んだ二人を助けに行くのが、往人の策だった。
 だから自ら仕掛けるという往人にとって不利な状況を葉子に提供する代わりに、手早く戦いを終わらせれる状況を、往人は作り出したのである
(あと三歩・・・)
 ザッ
(あと二歩・・・)
 ザッ
(あと一歩・・・)
 ザッ
 そして、射程内。
(喰らい・・)
 ヒュン!
 最後の一歩を踏み出し銃を向けようとしたその瞬間、包丁が刃先になった槍が襲い掛かった。
「くっ!」
 反射的にシグ・ザウェルの引き金を連続で引く。
 ドン!ドン!ドン!ドン!
 ほとんど威嚇射撃のようなものだったがそのうちの一発が槍の柄に当たり、槍を破壊する。
 そこに、葉子が素早く往人の懐に潜り込んだ。
「せい!」
 ブン!。
 槍の柄を投げ捨て、葉子が往人の顔面に、鞭のような蹴りを放つ。
「ぐあっ!」
 予想していなかった奇襲に往人はバランスを崩して2mほど吹っ飛び、衝撃でシグ・ザウェルをさらに後ろの方に落としてしまった。

(畜生!無様すぎるぜ!)
 毒づいた台詞を心で一人吐きながらフラフラの頭を抑え、立ち上がろうとした時。
 ブン!
「がはっ!」
 二撃めの蹴りが往人に当たる。
 再び顔面を蹴る衝撃に往人が耐えられるはずもなく。今度はうつ伏せになって倒れた。
(くそう!何度も何度も・・・)
 頭を振りながらチラッと目だけで前を見ると、ゆっくりと葉子が近づいてくる。
 そして、僅かに微笑み――、
 ガス!ガス!ガス!ガス!ガス!
 何度も何度も往人の頭を踏みつけた。
(くそう・・調子に・・調子に・・)

 一方、鹿沼葉子は自分の揺ぎ無い勝利を確信していた
(上手くいった、といったところでしょうか)
 往人がこちらに向かって来るのは予想していた。
 こっちの武器がわからず、自分から仕掛ける時には最良の手なのなのだから。
 だが、『今』の自分には無力な方法だ。
 数秒でしかないが、往人が何処にいたかが葉子には解った。
 否、往人の場所を理解していた。
 あとは簡単だ、往人が木と木の間に隠れて、自分が一瞬見えなくなるのと同時に、自分も移動すればいい。
 そして、先手を取る。槍を破壊されたのは正直驚いたが。
(何故か、不可視の力がほんの少し戻ったようですね)
 往人を踏みつけながら葉子はふと、戻った微量の力に満足する。
 それは、侵食。
 残ったおそらくはやる気でないだろう参加者を襲う事で、彼女本来の意識はほぼ神奈に飲まれてしまった。
 だがそれには彼女は気付かない。
 いまの葉子は、絶望の使者。
 ココロハ、ウバワレテシマッタ。


(さあ、止めです)
 往人は、動いていない。
(気絶してしまったようですね、苦しまずに、首の骨を折ってあげます)
 そうして、全力で飛び上がり、往人の首に狙いをつける。
 ジャンプからの落下速度を足せば、葉子の体重でも、充分に骨を破壊できるだろう。
 そして、足が往人の首に降りてきたその時――、
「調子に乗ってんじゃ・・・ねえよ!」
突如思いっきり体を起こした往人が葉子の右足に拳を叩きつけた。


ドスッ


葉子の足の裏に、銀色に光る――ナイフが突き刺さっていた。
「ああああっ!あっ!うっ!」
 右足を襲う痛みに耐えかね、葉子が狂ったような叫び声を上げ、ナイフを引き抜こうともがく。
「だあああああああ!」
 起き上がった往人が、葉子に負けないほどの声を上げて葉子に飛び掛り、馬乗りになる。
 そして、ポケットからもう一本ナイフを取り出し、葉子の腹に――突き立てた。
「ああああああああああっ!」

 この世のものとは思えない悲鳴が森に、響いた。

「ハア・・ハア・・ハア・・助かったぜ・・観鈴」
 そう、往人の命を救ったのは、市街地で観鈴に渡された投げナイフだった。
 シグ・ザウェル以外に片腕で扱えそうな武器はないかと聞いた往人に、観鈴が渡してくれたのである。
(帰ったら・・どろり濃厚10ケースだな・・)
 そんなことを思いながらゆっくりと往人は立ち上がり、動かなくなった葉子から離れナイフを引き抜く。
 抜いた傷口から血がドボドボと溢れだす。
(ひょっとしたら、まだ生きてるかもな)
 シグ・ザウェルを拾い上げ、弾を込めた往人が葉子の姿を見る。
(まあ、動けないだろうし、助けてやる義理もないしな。どこの世界に殺されそうになった敵を助けるやつがいるっつうんだ)
 その時、観鈴ならやりかねないな、と往人は思ったが。

(さて・・・行くか)
 そう、彼は赴く。
 再び戦場へ。

【国崎往人 軽傷】
【鹿沼葉子 生死不明】

[←Before Page] [Next Page→]