×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引き金の重さ


[Return Index]

銃声が、聞こえる。
足を止め、息を飲む。
避けられぬ戦いは、既に始まっていた。

運命の悪戯とか、そういう偶然の要素が絡む余地などない。
参加者を殺そうとする少年を、あの往人という男は放っておかないだろう。
一方の少年も、自らの殺意を知る往人たちを、優先して殺そうとするに違いない。
(……それで、私はどうするの?)
郁未は何度となく繰り返した、答えのない問いを心にとどめて、再び駆け出す。
とにかく今は、葉子を助けなければならない。

 走る。
 ひたすら、走る。

いつのまにか、銃声は聞こえなくなっていた。
早くも決着がついてしまったのだろうか?
(葉子さん!)
心の中で叫ぶ。
それと同時に、聞き覚えのある声が耳に飛び込んできた。

 『往人さん…』
 『大丈夫や、居候は負けへん』

くるりと振り向く。
大きく回りこんでいた観鈴たちと郁未は、互いに気付くことなくすれ違っていたのだ。
(観鈴……)
苦悩のために眉間に皺を寄せながら、静かに散弾銃を構える。
刺激しないように静かに、だがはっきりと発音できるように心を抑え込んで郁未は言った。
「…観鈴、止まりなさい。
 それ以上進めば…間違いなく、死ぬわよ」
その先には、少年がいる。
今は休憩しているが、いつ飛び出してくるかは解らない。

 …もしかしたら、もう飛び出しているかもしれない。
 どきり、と心が揺れる。


「郁未さん…」
悲しそうな表情の観鈴が、顔だけ振り向いて、ぽつりと呟く。
あきれた事に、もともと銃すら構えていない。
…そういう、娘なのだ。
「くそっ!ホンマむかつく小娘やな!
 自分、さっきっから何がしたいんや!?」
対照的に、拳銃を握り締めた女-----観鈴の母、晴子-----が吐き捨てるように叫ぶ。

(……知らないわよ)
憮然として呟く。
そう、私には何度となく、この因縁の幕を閉じるチャンスがあった。
その度に結論を先送りにして、うやむやのまま互いに傷を増やす結果を導いている。
(あの時、引き金を引いていれば…)
そんな場面が、何個も思い浮かぶ。

 -----私は、強くなんかなかった。
 あいつが言うように、自分を見失わない強さはあったかもしれない。
 
 でも、それが何になるのだろう?

 少なくとも、私は。
 自分の運命を自ら切り拓くほど、強くなんかなかった。


郁未が、構えた銃により、この静寂の空間を支配している。
しかし、たったひとつの叫びが平衡を切り崩した。

 『ああああああああああっ!』

(葉子さん!?)
一瞬だけ、郁未の注意が外れる。
「観鈴っ!伏せときっ!」
晴子の叫びに、視線を戻す。
観鈴を茂みに蹴り飛ばし、晴子自身は反対側に飛んでいた。
「くっ!」
照準に手間取った挙句、散った二人を追いきれず、郁未は木の幹を盾に隠れる。

「今の声聞ぃたか、小娘?
 居候の、勝ちや!」
嘲笑うように、拳銃を構えて立ち上がった晴子が宣言する。
「…まだ、解らないわ。
 随分長い間、銃声が聞こえないじゃない」
銃声がして、続いて葉子の叫びが聞こえたのなら、葉子の敗北は決定的だ。
だから不利は確実とは言え、まだ解らない。

その辺の理屈は、晴子にも解っているのだろう。
苛立ちに身を任せ、引き金を引く。
「やかまし!黙っとけ!」
 
 ガン、ガン!

デザートイーグルの弾丸により、郁未が手を回しても届かない程の、太い木の幹が易々と削れていった。
好きに撃たせれば、調子にのせてしまうかもしれない。
「いい気になるんじゃないわよ!」

 ズバンッ!ドシャッ!

威嚇のために、散弾銃を応射する。 狙いは適当。
地面が派手に吹き飛んで、期待通り晴子の銃撃が止まった。


「くそったれが…」
悔しそうな声が聞こえる。
おそらく、身を隠そうと移動しているのだろう。
同時に晴子の声が移動していた。
たぶん、左へ蹴り飛ばした観鈴を巻き込まないように、右から回り込んでくる。
その対応は簡単だ。
…左へ移動すれば、それでいい。
(あの娘は-----観鈴は、撃たないのだから)

 くるりと移動する。
 あとは燻り出せばいい。
 たった一つの嘘で、それは成るのだから。

 「……観鈴、見つけたわよ」

 そう言った郁未の表情は。
 少年に、そっくりであったかもしれない。
 
「観鈴っ!?」
焦りに我が身を忘れて、飛び出す晴子。
「-----お母さんっ!?」
郁未が声をかけた茂みと全く違う場所から、観鈴が立ち上がる。

 (本当に-----羨ましいくらい-----)
 郁未が、引き金を引く。
 その真正面には、晴子。
 (-----馬鹿な、人たちね-----)


 ズドン!ビシャッ!

直撃したスラッグ弾が一瞬にして胴体を破壊する。
できたての挽肉のように掻き回された腹部から、血飛沫を撒き散らして晴子は倒れた。
脱力し、銃を落とす。 眼の焦点が、あっていない。
-----勝負は、ついた。
最初は殺す気なんか、なかったのに。

(……ごめん…。
 私…あなたみたいな母さんが、欲しかったわ-----)
最初は殺す気なんか、なかった。
言葉の応酬に憎しみを乗せるうちに、いつしか互いに殺意を重ねていた。

郁未は処刑を待つ咎人のような後悔の影を落として、観鈴の方を向く。
後から、かすかな声が聞こえる。
「…み……す、ず…逃げぇ…」
晴子の声。
もう助からないであろう母の、最期の願い。
「お、お母さんっ!」
観鈴が泣いている。
手には-----銃。

 握った銃と入れ替わるように。
 母の声は、聞こえなくなった。


(とうとう、構えたのね…)
ぼんやりと、郁未は思う。
何か放送がかかっている。 四人、死んだようだ。
聞こえているが、理解は出来なかった。
ただ名前を呼ぶだけで、精一杯だったから。
「…観鈴」
「……い、郁未、さんっ!」
観鈴が銃口を向ける。
郁未は散弾銃を構えることもなく、ただ観鈴を見ていた。
この娘に撃たれるのならば仕方がない、そんな風に思っていたから。

「どう、するの?
 あなたが、決めて。
 …撃つ気なら、早くしたほうがいいわよ」
早くしないと-----彼が、来るから。
「郁未さんっ!」
観鈴の手に、力が入る。
…それでも、引き金を引けないでいる。
 
 「さあ、撃ちなさい!」
 叫ぶ。

 「郁未さんっ!」
 叫ぶ。
 
 
 -----そして、沈黙。


「ううっ……」
とうとう、観鈴は泣き出していた。
銃口が落ちる。
(本当に-----この娘は-----)
郁未は呆然としていた。
この娘は、母を殺した相手すら、殺す事が出来ないのか。

許されぬ罪を犯しておきながら、何故か郁未は微笑んでいた。
この瞬間、考えられないほどの安らぎが郁未を包んでいた。
  
 しかし、その安らぎの時間は。
 泡沫のように、一瞬の夢でしかなかった。
 
 
 『…それなら俺が、撃ってやる』

郁未の振り向いた先に、一人の男が立っていたからだ。
その眼に暗い怒りの光を宿した、声の主が居たからだ。

[←Before Page] [Next Page→]