×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 雷が近くに落ち、弾かれたように観鈴は走り出す。

 もうここには戻ってくるな

 その言葉が気掛かりだった。
 戻ってきてはいけない。
 戻ってはいけない。
 それはきっと、悪いことが起きるから。
 だからじっとしているなんて、観鈴に出来るわけがなかったのだ。

 鳥居を潜る。暗くて、何も見えない。
 暗くて、何も見えない。

 また、雷。

 周囲が照らされる。
 観鈴が見たものは、散弾銃で頭部をずたずたにされている少年の姿。
 そして、胸から血を流している往人の姿。

 雨が、強くなった。

 【国崎往人 少年 死亡】
 【残り14人】

[←Before Page] [Next Page→]