×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

迷い、選択、その結果


[Return Index]

 神尾観鈴は、北川が向かったという施設に向かうべく、先ほどまで
死闘が繰り広げられていたとは思えないほど静かな――雨音だけは嫌に
なるほどうるさかったが――静かな、この神社を出立しようとしていた。
 もう一度レーダーを確認する。そして、彼女は重大な事実に気付く。

 二つの、光点。
 レーダーを見る限り、自分のすぐ近くに二つの光点がある。
 しかも、その二つの光点は、自分の下へと近付いてきている。

(どうしよう……)

 彼女は迷った。
 一刻も早くここを立ち去り、北川の向かった施設を目指すべきか?
 あるいは、もしかしたらこの二人は北川のように脱出を目指して
動いている人間かも知れない。この時点になってまでなおゲームに
乗っているのだとすれば、二人一組で行動するとは思えないからだ。
だとすれば、彼らに事情を説明し、助力を仰ぐべきか?

 だが、もし。

 もしこの二人が他の者を容赦なく殺す『敵』であったとすれば?

 彼女は誓っていた。必ず生き残ると。生き残るためには、『敵』は
撃たねばならない。もう甘えは許されないのだから。
 武装面で今の彼女を越える者はそうそういないはずだ。なればこそ、
撃てば相手を一撃で屠るだろう。無論、観鈴が銃器の扱いに慣れている
はずもないので、あくまで当たればの話なのだが。

 できることなら疑いたくない。信じたい。
 だが、命の安売りをすることは絶対にできない。

(観鈴ちん、ぴんち……)

 二つの光点は、彼女の決断を待ってくれることなどなく。
 確実に近付いてきていた。

[←Before Page] [Next Page→]