×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

偶然性


[Return Index]

どこまでも続く、無機質で幾何学的な、味気ない廊下に。
彩りと騒々しさを与える人影が、二つあった。

そこは岩山の施設。
どうにかこうにか、内部に侵入した二人は、北川の一方的な提案に従って、最下層に降りてきていた。
「さあ、最下層に辿り付きました。
 きっとこの階にマザーコンピューターがあるに違いません。
 何故なら重要なものは、最下層にあるのがお約束だからです!」
意気揚揚と、興奮した北川が誰にともなく解説している。

「……」
北川に隠れて、影のように立つ少女が一人。
あまりに落ち着いた、その物腰からか、大人びて見える。
徹底した小声と無言の反応は、時として彼女の賢明さを、他人の目から遮蔽する。

普段、知性も含め鋭敏とは考えられないのだが。
来栖川芹香の頭脳は、高速回転していた。


「な…無い!
 なんということでしょう、この階のどこにも、コンピューターは存在しないのです。
 ああ神様、私北川の苦労は、バイクの下敷きになった苦痛は、全て無駄だったのでしょうか!?
 そもそも、この施設にあるというコンピューターの存在自体が、幻だったとでも言うのでしょうか!」
芝居じみた仕草で廊下に崩折れた北川が、これまた大袈裟な身振りで天を仰いでいる。

(……馬鹿…?)
いちはやく見取り図を発見した芹香は、北川の猛烈な悲劇トークを軽く聞き流して、コンピューターの
ありそうな部屋を探す。
…発見。特徴的な三本の縦穴構造の中央に位置する、円形の部屋。
間違いなく、マザーコンピューターと書かれている。


「……(ぽん)」
今や最高潮に達した、悲劇トーク独演会を続ける北川の肩を叩く。

…遊んでいる場合じゃない。
CDだけでなく、自分が死亡扱いになっているのが気になる。
マザーコンピューターなら、真実を暴き出す手掛かりがあるかもしれない。
いつまでも、北川の一人漫才を眺めているわけにはいかない。

「…芹香さん…」
感謝の目で見つめる北川。

…慰めていると、勘違いされたようだ。
この際、どうでもよいが。
とにかく北川の軽い口を閉じ、重い腰をあげてもらわねばならない。

「-----あっ!芹香さん!見取り図ですよ!」
「……(こくこく)」
「これでコンピューターの位置が…あった!ありました!
 こんなところで遊んでいる場合じゃありません!
 急ぎましょう!」
「……(こく)」

…遊んでいるのは、わたしじゃない。
それでも、急ぐという結論に文句は無いから…黙っておく事にした。


 
「…と、いうわけで。
 すぐそこまで来ておるぞ、お嬢」
「なにが”というわけ”だかわかんないけど、ふみゅーん!」
「どうするんじゃ。
 パスコードは”かゆ”と”うま”の二重で設定されとる。
 まず、あっちから開けることは出来んぞ。
 つまり、入れるか入れないかは、お嬢が決めるんじゃ」
「そそそ、それくらい、わかってるわよ!
 ちょ、ちょおむかつくのよっ!」

詠美は、さも嫌そうな顔をして銃を持つと、足音荒く扉のほうへと歩いて行った。
その途中で、ぴたりと停止する。
「……ねえ、ほんとのところ、どうおもう?」
「何がじゃ」
「北川って人、ほんとにあぶないとおもう?」
「…判らん。
 島に来る以前のデータにおいて、凶悪であった者なぞ、ほとんどおらんのじゃ」
それすら判るなら、わしゃ人間以上じゃよ、と付け加える。
「…どうしよお…」
「開けて上手くいくとは限らんが、CDが必要なのも確かじゃ。
 好きにするがええ」
「……ふみゅー…(泣」

再び歩きだし、扉の前に立つ詠美。
扉の外の話し声が、聞こえてくる。
「ふみゅ???」

詠美は両手と、片耳を扉に当てて、外の様子を聞き取ろうとした。



《**パスコードを入力してください**》
「……なんだよコレ」
北川は扉の外側で、悪態をついていた。

《**…だ…よ…コ…レ…**》
北川の発言が、小さなモニターに流れて行く。
そしてまた、最初のパスコード要求画面に戻る。
「音声認識パスコードか…オープンセサミ、みたいなやつだな」

腕を組む。ヒントは何も思いつかない…お手上げだろうか?
そこで北川は、何かが内部で騒いでいる声に気が付いた。
「なんだ?…随分かしましいな?」

北川は両手と、方耳を扉に当てて、中の様子を聞き取ろうとした。


目の前で、車に轢かれた蛙のように。
扉にべったりとへばりつく北川を、憐れみに満ちた目で芹香は眺めている。
(……馬鹿…?)
耳を当てるまでも無く、芹香は声を聞きとっているのだ。

 『北川って人、ほんとにあぶないとおもう?』

「……(こくこく)」
「バカゆーな!
 このナイスガイを捕まえて”あぶない”ですとーー!?”」
肯定する芹香と、その前で否定する北川。


《**…カ…ゆ…**》
…モニターの文字が反転している。
芹香は熱心に聞き入っている北川に、それを知らせようとしたが。
「……(ぴたり)」
…へばりつく姿の滑稽さに呆れ、やめた。

 『開けて上手くいくとは限らんが…』

「上手くいくかどうかは、開けなきゃ判らんだろうが!」
北川が叫ぶ。
…かなり逆上してきている。
バイクに轢かれても、これほど怒らなかったのに、不思議な挙動だ。

《**…上…手…**》
 プシー。
 空圧の変調する音が聞こえ、扉が開いていた。
 -----そして扉を失った詠美と北川は。
 お互いの両手と頬を当て、呆然としていた。

「「……」」
「……」
…そんなご都合な。
芹香は、これ以上ないくらいに呆れていたが。
とにかく、中には入れたのだから…黙っておく事にした。

「みゅ?」

ただひとり。
繭の声だけが、円形の室内に響き渡っていた。



【北川潤、来栖川芹香 コンピュータールームに進入】

[←Before Page] [Next Page→]