×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川をあるくひとたち


[Return Index]

藤田浩之は歩いていた。
彼は、とりあえずここがどこかは深く考えない事にした。
考えても、答えが出ないことは明白だったから。
(それにあの場面から来たのがここ川となると、これはもう例の「あそこ」しかないよな。)
浩之の口元に苦笑いが浮かんだ。
「あかりは、どこにいるんだ・・・・・・」
最後の瞬間まで一緒だった、幼馴染の少女を探して、彼は、川を歩いていた。

見覚えのある少女が、川辺に鎮座していた。
(・・・・・・あれは。)
俺が殺した、女の子だ。
あの学校の屋上で、俺が撃ち殺した、女の子だ。
「・・・・・・」
浩之は、ゆっくりと近づいていった。なるべくなら気づかれずに通りすぎたい。そう願った。
えてしてこういう願い事は、かなわない事になっている。
「・・・・・・あの。」
女の子が、口を開いた。
「ここは、どこなんでしょうか。」
「・・・・・・ああ。」
どう答えるべきだろうか。天国?地獄?
「・・・・・・まあ、目の前に川があるな。」
事実を告げる事にした。
「・・・・・・」委細承知、といった表情だった。
「あなたは、私を殺した方を知っていますか?」
唐突な質問。浩之の胸の奥がずきりと痛む。
「・・・・・・ああ。」
「その人は、ここにいるのでしょうか。」
「いると思うぜ。いや、絶対にいるな。」
「もしその人に会う事があったら、私からのことづてだと言って、こういってください」
次に彼女が口を開いたとき、でてくる言葉はどんな罵詈雑言だろうか。浩之は、そんな事を考えていた。
「ありがとう、ございます。と」
「・・・・・・どうして。」
「私は、目が見えないんです。あのゲームにおいてこれは致命的なハンデですよね。私は、初めから参加する気はありませんでした。
私は、最期に風を感じたくて、屋上に上がったんです。
私の願いはかないました。そして、風を感じながら誰かに撃たれて死にました。
悔いは残りましたけど、安らかに死ねてよかったと思っています。痛みもあまり感じませんでしたし。
とりあえず、私以外の誰かを撃つ銃声も聞かずに済みました。」
「・・・・・・」
「その人は、それからもたくさん人を殺している極悪人かもしれませんけど、私のことに関しては」
「・・・・・・」
「ありがとう、と いっておいてください。・・・・・・お願い、出来ますか?」
「・・・・・・分かった。絶対に伝えておく。約束するぜ。」
「ありがとうございます。」

その後は、浩平も、眼の見えない少女も、無言でそこにいた。
「・・・・・・あっ」
声を上げたのは少女のほうだった。見ると、別の少女――――――というよりは女の子――――――が
こちらにむかってぱたぱたと走ってくる。
「澪ちゃん」
少女のほうは、女の子を知っているらしい。澪と呼ばれた女の子も、うんっ とうなずいた。
澪は、やおら口をぱくぱくさせはじめた。唇の動きから何かを伝えている事は分かったが、それが何なのかは浩之にはわからなかった。
「この子、口がきけないんです」目のみえない少女が、浩之に言った。
澪は、身振り手振りと唇で、何とか言いたい事を表現しているようだ。
しかし、このめの見えない少女と、澪という女の子が、いったいどうやって意思の疎通を図るのか。
不謹慎かもしれないが、浩之にはそれが気になって仕方がなかった。
「あっちに・・・浩平君がいた・・・?」通じているらしい。知らない名前が出てきたが。
「すみません。知り合いを子の子が見かけたそうなので、私は行きます。」
「ああ。俺も、人探しの途中だからな。」
「そうなんですか・・・では・・・」立ち去りかけた少女を、浩之は呼びとめた。
「はい?」「名前・・・・・・教えてくれねえかな。」
「みさきです。川名みさき。」
「おれは浩之だ。藤田浩之。伝言、確かに伝えたぜ。」
えっ と言う表情をみさきは一瞬見せたのだが、それはすぐにもとの表情に戻った。
「はい・・・・・・」
言って、ふたりはそれぞれ、分かれた。
「川に沿って進むか・・・・・・」浩之は、前進を再開した。



少年もまた、川をあるく一人であった。
少年の当面の目的。
おそらくここにいるであろう主催者を探す。探して――――――

しかし、それは二の次。とりあえずは、別の人物を探す必要があった。
否、探す必要などなかった。なかったが、少年はその人物を探し出しておきたかった。
自分が守れなかった女の子。
立川郁美を。



知った顔。鉢合わせるなどとは思っていなかった。
黒ずくめ。第一印象はそうだった。
「・・・・・・あんたか」浩之、発言。が、後に続かない。
その黒ずくめの少年が発する異様な怒気。完全に、気圧されていた。
「まさか、先にこっちに会えるなんてな。」少年は忘れていた。もう一人、探し人がいる事を。即ち――――――
郁美ちゃんを、殺した人物。
77番、藤田浩之。
「一つ、確認しておく。」少年が口を開いた。
「あんたと一緒にいたらしい女の子をボウガンで撃ったのは俺だ」
浩之は、おそらくその少年の言いたい事であろう事柄を言う。
「そう、か。」
赤い色つきの殺意が、少年のなかを満たしていく。しかして、それが浩之に向けられるまでに至らない。
(何だこの男は・・・・・・本当に郁美ちゃんを殺したあの男なのか・・・・・・?)
少年の記憶のうちの浩之と、今目の前にいる浩之。その変貌ぶりに、感情が鈍った。
その、一種奇妙な感情も、次の瞬間掻き消える事になった。
「郁美ちゃん!!」浩之の背後側から歩いてくる女の子。間違いない、郁美。
「あっ」黒いお兄さん。言いかけて開いた口が、表情ごと凍りついた。
この人――――――この人は――――――私を――――――
ひっ と叫びたくなる唇をなんとか押さえつけ、郁美は浩之を見上げた。
複雑な顔をしてるなあ。そう思った。恐怖が、薄れていく。
「郁美ちゃん、こっちに来るんだ!」それでも、少年の言葉に郁美はわれにかえり――――――
浩之のわきをすり抜け、そそくさと少年の後ろに隠れた。
「・・・・・・人質に取ったほうがよかったのかな」浩之は、成り行きを見届けた素直な感想を述べた。
「そんなことをしてみろ。おまえは消滅する事になる。」少年は言う。発散する殺意。
「いや・・・・・・冗談だ。」浩之は流した。「俺はもう、人に何かできそうにない。」そう、付け加えた。
「それでも。」少年。「おまえが郁美ちゃんを殺したのは事実なんだ。」
言うが早いか、少年は浩之に向かって――――――
「駄目ですっ!!」声を上げたのは郁美だった。
「郁美ちゃん・・・・・・」あっけにとられたような顔で少年は動きを止めた。
「確かに私はあの人に殺されちゃいました・・・・・・でも・・・・・・いまさら、どうにもなりませんから。
いまここでその人をどうにかしても、私やお兄さんが生き返るわけでもありませんし・・・・・・」肩で息をしながら、続ける。
「・・・・・・その人・・・・・・どうしても悪い人には見えないんです」言ってから、倒れた。
「郁美ちゃん!!」少年が駆け寄った。郁美を抱き起こすと、すぐに安堵の表情を浮かべる。気絶しているだけだ。
「おい おまえ。」浩之に背を向けたまま、少年が言う。「ちょっと来い。」
浩之は、それに従った。殺されるのかな なんて、ぼんやりと考えていた。
振り向きざま、少年は浩之を殴り飛ばした。
たっぷりにメートルは吹っ飛んで、浩之は地面に激突した。
「これで、終わりだ。僕の視界から消えろ。・・・・・・この子が、目を覚ます前に。」
ごめん の一言でも掛けようかと浩之は思ったが、やめた。俺にそんな資格も権利もない。
浩之は、ふたたび歩き始めた。



またしても。
どうしてこうもさっきから、思い出したくない人間が――――――
「ふむ。」
相手は、こちらに気づいたらしい。
「こちらに来たか、少年。」白衣。
「帰る、ことはできなかったようだな少年。それにここにいるという事は、その帰る「場所」とやらには
実はさしたる執着もなかったと見える。」
「場所じゃない。生活だよ。・・・・・・俺が帰りたかったのは。」控えめに反論。
「ふむ。適切な表現だ。」結構結構、と言い、女医は笑った。
「・・・・・・何もしないのか?俺に。」浩之は聞いた。
「何か、というとあれかね。俺はあんたを殺した。あんたは俺が憎くないのか――――――とまあこんな感じかね。
見たところ君は、既に何度かそう言うジレンマに陥っているようだ。いっそのこと憎しみを込めて殴り飛ばしでもしてくれれば、
己の気持ちもはれようというに、なあ。」あの時と同じ、見透かした口調で、女医は言った。もはや張り合う気にもなれなかった。
「しかしだね、少なくともあのときとは別人である「君」に、どうして憎悪をぶつけなくてはならんのだね。」
「・・・・・・え?」
「既に君には私を手にかけたときの狂気が宿ってはいない。あのときの君とは根底から考え方が違っているのだよ。
人格のようなものかな。あの時一時的にオンになっていたスイッチが、元に戻った。それだけのことさ。」
言って女医は、川に向かって石を投げた。しかしその石はどういうことか、川の中ほどまで飛ぶと
そのまま軌道を逆戻りして、女医の顔にぶつかった。
「愉快だろう少年。さっきからずっとこんな調子なのだよ。私としてはここまでされると、なんとしてもこの川の中に
石の一つでも沈めてみたくなるのだがね――――――君もどうかね。」
浩之は、手ごろな石をつかむと、全力で対岸に投げた。
投げられた石はそのままの力で、浩之の顔にぶつかった。
「・・・・・・ッ!!痛ぅ〜〜〜〜」浩之は鼻を押さえてうずくまる。
「まあ、それが私からのパンチだと思ってくれ。君もここでゆっくりと石投げに興じている場合ではないのだろう。」
「・・・・・・だな。」
浩之は立ちあがった。
「あ。・・・・・・名前、教えてくれないか。」
「それならまず自分から名乗り給え 少年。」
「ちぇっ・・・・・・かなわねーな。藤田浩之だ。俺は。」
「私は霧島聖という。」「なるほど医者らしい名前だ。」
浩之は、また、歩き始めた。


「私も佳乃を探しに行かねば、な。しかしここで引き下がるのは何か負けた気分になるからな。」
不毛な川との闘いは、佳乃が聖を発見するまで続いた。



既に予想済み。
「あっ 藤田くん!!」
雛山理緒。この子もまた、俺が殺した。
「よかったぁ〜知り合いにあえて。一緒に行かない?」
顔を見られていたような気もするのだが・・・・・・気づいていなかったのか。俺だということ。
どうする?言うべきなのか。黙っておくべきなのか。
「・・・・・・いいの?俺で。」ああ 黙っていればいいのに、なあ。
「俺は、理緒ちゃんを殺したんだぜ?」
場が、凍りついた。

「俺もどうかしていたのかもしれないけどさ。理緒ちゃんの背中に釘を打ち込んだのは俺なんだよ。
心臓に向けてとどめを刺したのも。」
話を聞いている間にも、理緒の顔から血の気と笑みが消えうせていく。代わりに浮き上がる、恐怖の表情。
「・・・・・・・・・ッ!!」やがて体が震え、あのときの恐怖と痛みを思い出し・・・・・・
自衛――――――即ち逃走――――――という行動に出る。
「近寄らないでッ!あなたの所為で、私は、千沙ちゃんはッ――――――!!」
ちさちゃん。おそらく俺の知らない間に友達になったこの名前なんだろうな。それを正しく問うのは、もはや不可能だろうが。
浩之は、沈黙を決め込んだ。
「なんとか言いなさいよッ!!この――――――この人殺しッ――――――!!!」
言い捨てて、理緒は走り去る。逃げ出した、と言ったほうが正しいのかも分からない。

「――――――ははは」笑いが漏れる。
「そうなんだよなあ・・・・・・普通、こう言う反応だよなあ・・・・・・」
あきらめか。自嘲か。とにかく、浩之はしばらくの間、乾いた笑いを発しつづけていた。
「なんだかんだで、俺、やっぱり殺してるんだもんな、人を――――――」



浩之は、あるきはじめた。



「・・・・・・出たか。」
あの女だ。あの得体の知れない、白に近いような髪の色をした、あの女。
まさか川底からのご登場とは思わなかったが。
「ごめんね。君と話している時間はないんだ――――――」言い残して、その揺らめきそうな体は、川の水面を滑っていく。
「なんなんだろう、あいつ。」しかし、あの女にはかけねばならない言葉があった。
「・・・・・・ありがとう。」俺が立ち直れたのも、夢に出てきたあんたとあの蝉丸というおっさんのおかげだ。

「雅史――――――」
「・・・・・・浩之。」
雅史は、川に向かってたたずんでいた。なにをするでもなく、じっと。
川の向こうを、みつめていた。
なんとなく、浩之もそれに習った。何を話そう。そんな事を考えながら。
雅史は、俺の記念すべき初殺人の目撃者だ。だからなのか、どうなのか。
雅史は、あかりを犯した。
雅史だって、俺とあかりの関係を知らないわけじゃない。俺は、あかりからそれを聞いても、それを信じる事はできなかった。
だとしたら。
あれが、あの、みさきという少女を撃ち殺したのをみたこと。あれが、雅史を、狂わせてしまったのか。
あるいはそのもう少し後、俺が雅史にボウガンを撃ちこんだことか。
いずれにせよ、悪いのは俺だ。
「・・・・・・浩之。」
先に口を開いたのは、雅史だった。
「・・・・・・うん?」
勤めていつものように返したつもりだ。
「・・・・・・僕を、殺してくれないか。」
・・・・・・何だって?

「僕は、あかりちゃんに酷い事をしてしまった。あかりちゃんが浩之の事をすきだって知ってたのに。」
「・・・・・・ああ。」
「浩之が誰か・・・あの女の子が誰なのかかしらないけどさ。あのときの浩之、すごく、怖かったんだ。」
「・・・・・・ああ。」
「僕にも攻撃してきてさ・・・・・・それで、僕、飲んだんだ。何か得たいの知れない薬だったよ。僕の武器。」
「・・・・・・すまん。」浩之は心底、詫びた。しかも、俺はあの時本気で、おまえを――――――
「そしたら・・・・・・そしたら、僕、あかりちゃんに・・・・・・」
雅史の肩がわななき始めた。ゆっくりと、地面に崩れ落ちた。
「僕も・・・・・・あかりちゃんのこと、好きだったんだ。でも、浩之なら、いいかって。浩之なら、あかりちゃん、いいかって。
そう、思ってたのに。なのに。」雅史の目から涙がこぼれた。
「僕は、どうして、あんな、こと。」浩之に聞き取れたのはそこまでで、あとは、雅史の、言葉にならない嗚咽が、ただ、響いていた。


「ごめんよ・・・・・・ごめんよ、浩之。あかりちゃん。ごめんよ・・・・・・」雅史はそれを繰り返して、ただ、泣きつづけていた。
「・・・・・・雅史ィ」浩之も、もう、泣いていた。
浩之は、雅史を抱きしめた。
「俺が・・・・・・俺が悪かったんだ。俺が、コインで、裏を出さなきゃ。いや、俺が最初から、おまえやあかりと一緒に何とかしようって考えれば。
おまえも、あかりも、志保も。畜生。馬鹿なのは、俺だったんだよッ・・・・・・!!」
あとは、2人で、泣いた。ずっと、泣いていた。

そして、神岸あかりは、その一部始終を、見ていた。



泣き崩れる2人のそばに、あかりは、そっと立った。
あかりは、二人を包むように抱いた。あかりは、心からそう思った。
「浩之ちゃん、雅史ちゃん・・・・・・私は、ふたりとも、大好きだよ。」
浩之は、恋人として。雅史は、親友として。
「!・・・・・・あかりちゃん・・・・・・僕を、許してくれるのかい・・・・・・」
「雅史ちゃんも、浩之ちゃんも、きっと、誰も悪くないもの・・・・・・」
悪いのは。一番悪いのは、きっとこのゲームの主催者だ。それが、あかりなりに出した結論だった。
だからこそ、あかりは、雅史を許した。無論、それには雅史の先ほどの告白による効果も多分に含まれていたが。
「う・・・・・・ううう・・・・・・」雅史は、あかりの胸の中で、泣いた。


ふと、浩之が立ちあがって、言った。
「おい、志保。出て来い。」
浩之が言い終わる前から、志保が川底から顔を出した。
「ハロー ヒロ!」
「フロー ヘロってかこの馬鹿野郎。」まさか本当に出てくるとは思わなかった。
「そうだ志保。おまえなにやってたんだ?俺も、雅史も、あかりも、おまえが何をしていたのか知らないんだ。」
「あう・・・・・・」まさか高笑いが原因で殺されたなんて言えるわけがない。志保ちゃんの名折れ。
「どーせまた何の考えもなく高笑いして誰かに撃たれたんだろうがよ」うぐ・・・・・・
「なんだかんだで 結局このメンツか。どうも俺達は腐れ縁だな。」
「どうせなら地獄まで付き合うわよ ヒロ。」
「ここまで来たら、僕だって一緒さ。」
「浩之ちゃんの行くところなら どこでもついていくよ〜」
この絆が切れることはあるのだろうか。結局、あの島の出来事の後ですらこんな始末だ。
俺は、こいつらを愛している。あかりも、雅史も、志保も、きっとそうだろう、そうに違いない。
へっ 地獄行きなら地獄行きにして見やがれ。閻魔様だって 俺達を引き離す事はできないさ。
そうして また。
いつか、また4人で――――――

「これからも、ずっといっしょだ。」
「うん。ずっといっしょだよっ」

[←Before Page] [Next Page→]