×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

意志の力は魔法の力


[Return Index]

「なん…だ…?」
 色のついた霧が部屋の中央に集まっていく。
 北川は目を疑った。
 それが人の形へと収束していく。
 彼にも分かった。
 これから不吉なことが起こるであろうと。
 自分には、スフィーにおそらく訪れたであろう死を悲しむ間さえないのだと。
「我が名は神奈備命…」
 何事も見透かし、何事にも冷めているかのような瞳。
「小娘…」
 この世のものとは思えない美麗な顔立ち。
「お主の身体をもらいうける…」
 全身から放たれるすさまじいプレッシャー。
 人外とはまさにこのこと。
「が…がお…」
 観鈴には理解しがたい台詞。
 身体をもらいうけるはなんだろう。
――カチャリ――
「待ちな。彼女には手を出させない」
 彼だって意味はよくわからなかっただろう。
 北川が神奈に銃を向ける。
 ステアーTMP。


「この状態の余に、ろくに意志も篭められぬ飛び道具が効くわけなかろう」
「うるせぇ! わけわかんねーこと言うな!!」
 神奈の胸に狙いを定める。
「やってやるぜぇぇっ!!」
――バン!――
――パァァアアン――
 素人にしては上等。銃弾は神奈の腕に命中した。
 そして不可思議な音を立てその腕が霧散する。
 意志の力は魔法の力。
 神奈が驚きの表情になる。
「ほう…。なかなかの意志力。もしかしたらこのまま余を滅ぼせるかもしれぬぞ?」
 北川は迷わず撃ち続ける。
 弾丸が命中するたびに神奈の一部が霧散して消える。
――バン!――
 そして最後の一発が頭を消滅させた。
 残ったのは右腕と左脚のみ。
 空に浮かぶかのように残った。
 が……。


 その右腕が動いた。
――ゴオォォォオオオ!!――
 轟音。
 北川の身体が木の葉の様に舞い、メインコンピュータに叩きつけられる。
「我ながら情けない破壊力よ…」
 北川の目に映るのは、現れた時とほぼ変わらぬ姿の神奈。
「く…くそ……! 効いてねーじゃねーかよ!」
「いや、効いておったよ。そうじゃな。柱のカドに頭をぶつけたといったところかのぉ」
 まだ再生しきれていない左手を見せつける。
「余も完璧ではない。そう…まだ完璧ではないのじゃよ」
 そして観鈴へとふりかえる。
「だからそなたの身体を…いただくとしよう」
 少し離れたところで立ちすくんでいた観鈴。
 彼女に向かって神奈が一歩進む。
「が…がお……」
「神尾さん……逃げ………逃げろ!」
 北川の気迫と、神奈の圧力で観鈴の足が一歩後退する。
 と同時に彼女を襲う、上下の無い世界へと迷い込んだかのような錯覚。
 一回転するような勢いで無様に転倒した。
「知らなかったのか?」
 また一歩、お互いの距離が縮まった。
「神奈備命からは逃げられない」
 観鈴を守れる人間は誰もいない。



【神奈備命 メインコンピュータルームに侵入】
【北川 衝撃波を受けて吹っ飛ばされる】
【観鈴 なにかしらの力で転倒】

[←Before Page] [Next Page→]