×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遺志、そして意志――まもるべきもの――


[Return Index]

 引き金としては十分すぎる光景。
 神奈、北川、観鈴――
 そして状況の変化に戸惑っていた、ぴろ、ポチ――
 部屋にいた全ての者が、そらの魂の雄叫びに圧倒された。

 それは溢れ出る記憶――『俺』の現出だった。



 やっと観鈴に会えたのに、俺は何をやってるんだ?
 あの姫君に好き勝手やられっぱなしじゃないか。
 もう残された時間も少ないってのに――

 もはや人ではない俺が、俺を俺として認識できる状況になっている。
 それは俺自身の崩壊を示唆していた。
 烏の器では、俺の人間としての全てを受け止めきることはできない。
 『私』の計らいにより延命はされていたが、こうなってしまった以上、崩壊
は避けられ得ぬものだった。もう俺の崩壊は避けられない。せめて、俺と共存
していた『ぼく』や『私』だけでも無事で済むことを祈るしかない。

 俺にはもう。
 あいつのお守りはできないけれど。
 あいつの側にいてやるって約束すら守れないかもしれないけれど。
 そうだな、北川。お前になら頼めそうだな。この際贅沢は言ってられないか。
お前はまだ、笑えるんだよな? だったら。
 観鈴のこと、頼む――

――国崎往人としての記憶も、意志も、そこで壊れた。



 だが、遺志だけは継がれていた。
(ぼくが、なにかをしなくちゃいけない)
 その遺志は『俺』のものだった。でもそれは、『私』の、そしてぼくの意志
でもある。
 紛れもない、そらの意志。

 彼女を。
 観鈴を守らなくちゃいけない。
(でも、どうやって?)
 わからない。けれど。

 観鈴を守らなくちゃいけないんだ。



【そらの中の『俺』消滅、その遺志は受け継がれる】

[←Before Page] [Next Page→]