×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夏、青空の少女―She is waiting in the air―


[Return Index]

 人の力は、弱くて儚い。
 一歩一歩観鈴に近寄る神奈に北川は殴り掛かろうとした。
 だか、その拳の届く前に、目に見えぬ力ではねとばされる。
 人の力は、弱くて、儚い。
 無駄だとわかっていても、ただ叫び、起き上がり、そしてはね飛ばされることしかできなかった。

 鳥は自由に空を飛ぶ力を持っている。
 だがそれは、空のないこの場所では殆ど意味を持たない。
 漠然とした衝動だけを頼りに、そらは神奈にむかう。
 神奈は全く相手にしない。やはり神奈に届く前にはね飛ばされてしまう。
 翼は、今、何の意味も持たない。
 無駄だとわかっていても、ただ飛び掛かり続け、何度も何度も繰り返して。

 瞳が、姿を捉えて放さない。
 逃げたいと思っても、体が反応しない。
 近付いてくる得体の知れない少女を前に、ただ座り込み、震えるだけ。

「自分の肉体に還るのは……久方ぶりだの……」

 やがて、神奈の姿が観鈴と重なり。
 少女達は、一つになった。

 自らの無力を呪う絶叫が響く。
 自分ではない自分が託した意志を果たせなかった、悔しさを込めた鳴き声がする。
 観鈴であった少女は立ち上がり、そして、笑った。
 無邪気な、少女の笑顔で、無力な者達に手を向けた。


………………………………………………………………………………………………………


 色のない、光か闇かもわからない空間を、観鈴は登っていった。
 上下も左右もないはずなのに、『登っている』感覚だけがわかる。
 最期に見たはずの光景。自分と少女が一つになる瞬間。
 何も記憶に残ってなく、『わたし』がただそこをただよっているという認識がある。
 まるで、夢の中にいるようだった。


 たくさんの記憶を遡っていく。
 自分と同じ運命を辿った少女達の記憶を。
 そして、いくつもの時間の中で、白い羽根が導いた出来事を。
 大道芸人として果てのない旅をしている女と、彼女が助けられなかった女の子。
 生まれてくることを許されなかった少女の幻影。
 呪われた子どもを持った女と、時を超えて彼女の意識を受け取ってしまった少女。
 数え切れないほどの、夢の欠片を追っていた。
 たくさんの自分や羽根。それに関わった者達の記憶。
 その殆どは哀しみの色で塗り尽くされており、観鈴の心の染めていった。


 世界に色が満ちてゆく。
 青と、白のコントラスト。
 たどりついた先は、夏、青空の下。流れる風の中。
 見下ろすと、山道が見えた。
 そして、一人の男の死体と、それにしがみつく少女の姿。

「りゅうやどのぉぉぉぉぉぉぉぉっっ!!!」

 叫び声が、世界を揺らした。
 観鈴の心を、揺さぶった。


………………………………………………………………………………………………………


 哀しかっただけなんだ。
 心が、かなしさにうめつくされて、なにもわからなくなっちゃったんだ。
 だけど……。
 だからって、みんな、多分あなたを許さないから。
 例えこの苦しみを知ったとしても、みんなも同じ苦しみをかかえているはずだから。
 だから、せめて。
 わたしはあなたに還って、ずっと一緒にいる……。


【神尾観鈴、神奈の内部で意識消滅】

[←Before Page] [Next Page→]