×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

涙を拭いて


[Return Index]

「みゅー……」

 繭によって不意に服を引っ張られ、七瀬はその足を止めた。

「ん? どうしたの?」

 繭の視線を追う。
 そこには、一匹の猫がいた。
 さらにその先には、黒い羽と白い羽。
 一対の羽を見つめるかのように、ボロボロの猫はその場にたたずんでいた。

「……ったく、しょうがないわね」

 そういえば、さっきは散々引っ掻かれたりもしたが。
 今はきっと、大丈夫だろう。
 七瀬は猫を後ろから抱え上げた。
 先程の散々の悪態がまるで嘘かのように、猫はじっとしている。
 ただし、あくまで羽からは目を逸らさない。

 不意に風邪が吹き、羽が舞った。
 二枚の羽は風に舞いつつも、決して離れはしない。
 淡い光の中、ただひたすらに高みを目指し、舞い上がってゆく。

 猫も、繭も、七瀬も、空へと消える羽を見上げていた。



 光と闇の合間に羽を見失って。
 七瀬は視線を手元の猫に戻す。

(泣いてる?)

 もう見えなくなった羽をどこまでも追おうと、空を見上げる猫の顔。
 猫の泣き顔など分かるはずもない。しかし、七瀬には何となくそう思えた。
 猫の頭を撫で――らしくないとは思いつつも――声を掛けてみる。

「泣きたい時は泣いた方がいいわよ」

 その猫に向けての言葉なのだろうか?
 生き残った皆に向けての言葉なのだろうか?
 それとも――自分自身に向けての言葉なのだろうか?

 結局は、そのどれもなのだろう。

 泣きたい時は、泣けばいい。
 泣いて、泣いて、散々泣いて――泣き終えたあとに立ち上がることができる
なら、泣くことは決して悪いことではないはずだ。



 ふと、何かに気付いて後ろを振り返ってみると。

「晴香?」

「な、何?」

 いつからいたのかは知らないが、そこには晴香が立っていた。彼女もまた、
あの二枚の羽の行く末を見届けていたのだろうか?

「これ、お願い」

 七瀬は、抱えていた猫を晴香に差し出す。
 いきなりのことで少々面食らいつつも、晴香は猫を受け取った。ぎこちない
手つきではあったが、何とか七瀬がしていたように猫を胸に抱える。
 一方の七瀬は、晴香や繭に背を向けて。

 空いた手で、黄色いリボンを取り出した。
 浩平から漢の約束と共に受け取った、瑞佳のリボン。
 それを握りしめ、彼女は目を閉じる。

 自然と、一筋の涙が流れた。

(今のあたしには、これで十分)

 続きは、漢の約束を果たし終えてからにしよう。

 七瀬はリボンを仕舞い、涙を拭いて、そして目を開けた。

[←Before Page] [Next Page→]