×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BGM Change 鳥の詩(a Last Episode)


[Return Index]

Please change BGM.  Airより「鳥の詩」
...伴奏

――潜水艦、内部――
 梓「せ…狭い」
 耕一「なんか息苦しくないか…?」
 マナ「まず…くない?」
 晴香「ちょっと七瀬! 上げて!」
  潜水艦が急浮上する。
  ――ギ…ギギィ…――
  急いでハッチを開けた。
 耕一「だから無理だったんだって! こんなたくさ…」


――潜水艦、海上――
 耕一が見つめた空に飛行機雲が見える。
 どこからか来て、あの島へ向かったかのような軌跡。

     [消える飛行機雲 僕たちは見送った]

 マナ「もう…。日が昇ってたのね」
  ひょっこりと顔を出すマナ。
  光を放つ太陽。
  青い空。

     [眩しくて逃げた いつだって弱くて あの日から]

  あの島の悪夢。
  変わらないはずだった日常。

     [変わらず いつまでも変わらずに]

  彼等はいつか、消えてしまった人達のことを忘れてしまうのでしょうか。

     [いられなかったこと 悔しくて指を離す]

――潜水艦、正面――
  ――ニャーニャー…――
 耕一「鳥?」
  潜水艦のまわりに沢山の鳥が集まってくる。
  鳥達は彼等の船に併走する。
  白い中に1羽だけ黒。

     [あの鳥はまだうまく飛べないけど]

 マナ「鳥がいるってことは…」
 繭「陸が近いってことじゃない?」
  黒い鳥は、道を示したかのように先へと進む。
  不恰好な飛び方のまま、弾けて消えた。
 ぴろ(!! そ…ら!?)

     [いつかは風を切って知る]

 七瀬「陸見えたの!?」
  操縦席から響く七瀬の声。
 晴香「まだ……。まだだけど……!」

     [届かない場所がまだ遠くにある]

 あゆ(うぐぅ…。狭いし暗いし苦しいし…。早くついてよぉ…)

     [願いだけ秘めて見つめてる]

――通学路――
 七瀬「折原…。瑞佳…」
  通学を行く。
  以前通りの道だが、寂しい。

     [子供たちは夏の線路 歩く]

 繭「みゅーー! 早く早く!」
  底抜けに明るい繭の声。
 七瀬「はいはい…」
  騒ぐ繭に七瀬が走り寄った。
 七瀬(うん…)
 繭「みゅ?」

     [吹く風に素足をさらして]

――柏木家――
 耕一「昔…。皆でハイキングいったな…」
  平和の時。その中で彼はたびたびい昔を思い出す。
  二度と帰ってこない、幸せな日々。

     [遠くには幼かった日々を]

 梓「耕一〜。ちょっといいかな〜」
  梓が彼の側に駆け寄ってきた。

     [両手には]

 梓「耕一と同じ大学に行きたい!」
 耕一「なっ!?」
 あゆ「ぼくも!!」

     [飛び立つ希望を]

――黄昏の街――
 晴香「これから…。どうしようかな」
  赤い街の中を晴香は歩く。
  行き先は決めていない。
  ただ、飛行機雲の向かう方へと歩いてみたかった。

     [消える飛行機雲 追いかけて追いかけて]

 晴香「なんか楽しいこと見つけなきゃね」
  飛行機雲は遥か彼方まで続く。
 晴香「ま、なんとかなるでしょ。生きているんだから」
  ふと誰かに呼ばれた気がして振り返る。
  気のせい?
 晴香「七瀬…?」

     [この丘を越えたあの日から変わらずいつまでも]

――マナ自室――
 マナ「あ〜〜! 医学って難しすぎる……」
  机の参考書を放り投げるマナ。
 ぴろ(まぁ、がんばりな)
 マナ「うう…。せんせー…」

     [真っ直ぐに僕たちはあるように]

――再び潜水艦――
 晴香「それじゃあ、鳥達の向かう陸地へ向けて…」

     [海神のような]

 晴香「全・速・前・進!!」
 一同『おう!!』

     [強さを守れるよ きっと]






【HAKAGI ROYALE ――――――――――――――END】

[←Before Page] [Next Page→]